不動産業者選び 知識・マインド

住宅購入時の仲介手数料を値切るのってあり?


住宅購入時、できれば費用は安く抑えたいですよね。そんな中、仲介手数料を安くできないかと考える人も多いと思います。

仲介手数料は安くできるのか、そして値切ることで何かデメリットが生じるのではないかと気になっている方に向けて、不動産会社の仲介手数料の仕組みもふまえてお伝えしていきます。

手っ取り早くポイントを知りたい方は、目次の「まとめ」をご覧ください。

仲介手数料は不動産仲介会社にとって唯一の収入源

不動産仲介会社の収入はどこからきているのでしょうか。不動産ときくと色々な運用や売買、賃貸などで様々な収益が得られるイメージがあると思いますが、不動産仲介会社の収益は仲介手数料のみです。

そして仲介手数料は不動産売買契約が締結して初めて発生するものです。つまり住まいの相談、物件の紹介、物件の案内をしたとしても契約までいたらなければ不動産会社の収入はゼロです。

また、売主からも仲介手数料をもらえるのは不動産売買契約が締結した時です。売れるまでの広告・宣伝費用なども契約にならなければすべて不動産会社の負担となります。

そのため不動産会社にとっての仲介手数料とは全ての対価としてもらう、唯一の収入源となっているのです。

 

そもそも仲介手数料を値切ることができない業者もある

仲介手数料を値切るよう交渉することはもちろんできます。不動産会社もなるべくお客様の意向に沿って、契約を進めたいと考えているからです。しかし仲介手数料を値切ることができない業者も中にはあります。

大手の場合仲介手数料を値切るためには本社への事前の確認や、妥当な理由が必要となるため仲介手数料の値引きを行わないところもあります。一方で地元の不動産屋でもサービスの質を落とさないためにも仲介手数料の値引きを全て断っている業者もあります。

 

業者からすると仲介手数料を値切られることほど悲しいものはない

不動産会社の立場からいわせてもらうと、仲介手数料を値切られることはとても悲しいことです。なぜかというと、仲介手数料とは不動産会社が行ったサービスの対価として頂くお金になります。

住まいの相談から物件の紹介、ご案内、そして契約と心をこめて丁寧にサービスしたにもかかわらず、値引きの交渉をされると自分のサービスに何か不満があったと捉えることになります。

そのため一生懸命にサービスをした結果が値引きとなると、不動産会社としては悲しいことです。

安易に値切ることは、不動産会社や営業担当者の気持ちを下げることとなりますので注意が必要です。

 

仲介手数料を値切るのなら後出しでなく、最初に交渉しておく

経験上、不動産売買契約の直前に仲介手数料を値切ってくるお客様もいました。しかしこれは営業担当者のモチベーションも低くなります。

費用の関係上どうしても仲介手数料を値切りたいのであれば、最初からその旨を不動産会社に話、交渉するようにしましょう。そうすれば不動産会社としても値切る理由を理解することができますし、営業担当者の気持ちを下げることもなくなります。

契約直前や、サービスの途中で値切ることはなるべく控えるようにしましょう。

 

仲介手数料を値切ることにはデメリットも

仲介手数料は不動産会社のサービスの対価であり、その不動産会社や担当者の評価でもあります。つまり値切ることは、その不動産会社や担当者に対してサービスに不満があるということと受け取られてもしょうがないのです。

中には値切られたことにより、その後のサービスが雑になったり、手続きが滞るようになったという事例も多々あります。

もしどうしても値切りたいのであれば、そういった事態になる可能性もふまえて行ったほうがいいでしょう。気持ちよく取引を進めていくためにも、なるべく不動産会社や担当者とはいい関係のまま進めていきたいところではありますが。

 

もともと仲介手数料が安いところには注意が必要

中には他社と比べて仲介手数料が安いことを売りにして営業している不動産仲介会社も多くあります。しかし仲介手数料が安いからといって安易にその会社に決めてしまうのは、注意が必要です。

仲介手数料が安いところは、そうしなければならない理由があるからです。つまり物件の情報数やサービスの質といった他の部分でお客さんがつかないため、金額で他社に勝とうとしているのです。

こういった不動産会社だとサービスがよくなかったり、希望する物件が中々見つからなかったりするケースがあります。仲介手数料が安いことはもちろんいいことですが、それが原因で理想の住まいが見つけられなかったら元も子もありません。

 

仲介手数料を値切るより、サービスの質で選んだ方がうまくいく

仲介手数料を値切ることで不動産会社や担当者から思っていたようなサービスが受けられなくなってしまったりするケースもあります。そのために手続きが滞ってしまったり、担当者の態度やサービスが疎かになるととても不快な気持ちになりますよね。

せっかくの新生活、気持ちよくスタートするためにも仲介手数料を値切ることよりもサービスの質で不動産会社を選んだほうがより快適に、安心して住まいを探すことができます。

もしサービスの質で選ぶのであれば、信頼できる不動産エージェントを探すところからはじめてみてはいかがでしょうか。

参考記事「これからは不動産エージェントを選ぶ時代」

 

まとめ

最後に、仲介手数料を値切るときのポイントや注意点をまとめておきます。

  • 仲介業者にとって唯一の収入源で、契約にいたらなければもらうこともできない
  • 仲介手数料を値切ることができない業者もある
  • 仲介業者にとって値引きは、何か対応に問題があった時などの対応というイメージ
  • 値引きは担当者のモチベーションやサービスの低下につながるリスクがある
  • 契約の直前での交渉はやめた方がいい。どうしてもしたいなら始めに交渉すべき
  • 最初から仲介手数料が安い業者は注意が必要
  • 値段よりもサービスの内容や質で選んだ方がうまくいく

これらのポイントを押さえて、仲介手数料を値切るのかどうかを検討していただければともいます。

参考になったら「いいね」をお願いします。

住宅購入者向けのオンラインセミナー

住宅購入セミナー

お気に入りの不動産エージェントを探そう

-不動産業者選び, 知識・マインド

Copyright© ハウスクローバーの不動産エージェントと一緒に家を探そう|HOUSECLOUVER(ハウスクローバー) , 2020 All Rights Reserved.