宮田明典(ハウスクローバー株式会社)

宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー ハウスクローバー株式会社の創業者兼CEO。また同時に、毎年全国から2〜300組ほどの住宅購入希望者の相談があり、実際の購入もサポートする現役の不動産エージェントでもある。業界歴は15年以上。多くの人から受ける相談内容と不動産業界の現状にギャップを感じ、住宅購入に必要なサービスと優良な不動産エージェントのネットワークを構築したプラットフォーム「HOUSECLOUVER」を企画運営している。自身が情報を発信しているYoutubeやブログは多くの住宅購入者にとって欠かせないバイブルとなっている。 ▶︎▶︎ このエージェントに相談する ◀︎◀︎

    不動産マーケットニュース

    マーケットニュース

    2024/6/18

    【2024年5月】中古マンション・中古戸建の価格推移

    2024年5月までのレインズに登録された成約データから、最新のマーケット情報をお届けします。 各エリア毎のレインズデータの加工にバラツキがあるため、この記事においてもエリア毎に表示形式が違っております。ご容赦ください。 またレインズの成約データは、物件掲載数と比較して登録率は決して高いものではありません。 よって都市部ではそれなりの母数があるので、ある程度正確な傾向が捉えられますが、地方になるとマンションなどでは母数が少なくなり、正確な傾向を捉えられていない場合があります。 エリアは大きく分けて、以下の5 ...

    住宅ローン金利

    マーケットニュース

    2024/6/14

    日銀、金融政策決定会合で国債の購入減額方針 日銀の慎重姿勢は継続

    日銀は14日の金融政策決定会合で、現在行っている毎月6兆円規模の国債の購入を減額する方針を決めたとのことです。 毎月の国債購入とは、日銀が長期金利の高騰を抑えるために行っていたオペレーションです。 もともと、イールドカーブコントロール(YCC)と呼ばれていたものですが、マイナス金融緩和を解除した際に撤廃されました。 ただ形式上は廃止されても、実質的には同じようなオペレーションが続いておりました。 この国債購入を減らすことは、金融緩和の手綱を緩めるということです。 このニュースだけを見れば順当に、金融緩和を ...

    買ってはいけないマンション

    マンション

    2024/6/14

    不動産のプロは必ずチェックする 買ってはいけないマンションの特徴20選 

    中古マンション購入は多くの人にとって人生で最も高いもので、だからこそ失敗したくないという心理が大きく働きます。 しかし、中古マンション購入において日本のマーケットが透明性の高いかどうかといえば、そうではありません。 日本の不動産業界は、市場の不透明性が高いだけでなく、売り手の原理で消費者が損をしやすい業界になっているからです。 人口は減っていくのに、どんどんタワーマンションが林立していく様は、プロであっても不安を感じずにはいられません。 しかしながら家を持つということは、物件選びさえ間違えなければ暮らしを ...

    中古マンション 探し方

    マンション

    2024/6/3

    中古マンション探しに役立つ「神ツール8選」業界歴15年のプロも活用するオンラインツール

    中古マンションの探し方はどのようにすればいいのか? また非公開物件にはどうやってアクセスすればいいのか? 中古マンションを購入しようとして、物件を探すときに様々な疑問が浮かぶのではないでしょうか? そこでこの記事では、業界歴15年以上のプロが教える、中古マンション探しにおける正しい知識と探し方。 また中古マンション探しに使える「神ツール」を8つご紹介します。 ここで紹介するツールは、実際に筆者も利用しているものになりますので、様々な目的に合わせて利用することが出来ます。 ぜひ中古マンションをこれから購入し ...

    マンション 火災保険

    マンション 税制、その他制度

    2024/6/2

    マンションの火災保険は必要か?損しない保険の選び方と補償内容の考え方

    マンションを購入するときに、引渡しが近づいてきたら考えることの一つに火災保険があります。 普段、保険にあまり馴染みがある人は多くなく、どんな保険に入れば良いのか。 そもそも火災保険はマンションでも必要なのか? 補償内容はどんなものを選べば良いのか? などなど、様々な疑問が浮かぶと思います。 そこでこの記事では、筆者がかつて大手損害保険会社に勤務していた経験から、火災保険はどこがいいか? またお勧めの補償内容などを判断できるよう、火災保険に関する様々な知識をお伝えしていきます。 この記事を読むことで、ご自身 ...

    住宅ローン金利 2023年9月

    マーケットニュース

    2024/6/14

    住宅ローン金利 2024年5月 

    日銀の金融政策決定会合で、マイナス金利解除が発表されて以降、長期金利が上昇しております。 短期金利については、まだゼロ金利から変わっていないものの、早ければ7月と言われている利上げに現実味を帯びてきている状況です。 短期金利が上がれば変動金利が上昇しますが、その上昇幅自体はそこまで大きくないとされています。 金融機関による貸出競争は今もなお続いており、各金融機関の対応に注目が集まります。 各主要金融機関の金利一覧はこちら(最優遇金利) ※最優遇金利、単位は% ※(-)はデータなし ※フラット35は自己資金 ...

    マンション 定期借地権

    マンション

    2024/5/30

    定期借地権のマンション購入は後悔する!?リスクやリセール面での注意点

    「定期借地権のマンションって資産性は大丈夫?」 「買って後悔することはないか不安」 定期借地権のマンションは、三大都市圏を中心に徐々に分譲数を増やしており、近年では東京大学やお茶の水女子大学など国立大学法人の土地活用として、定期借地権マンションが建設される事例もあります。 定期借地権マンションの一番の魅力は、価格が安いことです。 新築マンションでは周辺相場の2割程度、中古マンションでも相場より安く売買されるケースが多く、近年の不動産相場の高騰のなかでは、消費者にとって気になる価格設定となっています。 しか ...

    新築マンション購入 後悔

    マンション

    2024/5/30

    新築マンション購入でありがちな後悔 あなたは大丈夫!?

    「モデルルームと実物が違い過ぎて後悔している」 「実際に住んでみたら思った以上に住環境が悪かった」 新築マンションは、完成前に販売を開始する、いわゆる青田売りで売られることが多く、実物を見ないで契約することがあるので入居後に後悔するケースが多くあります。 人生において最も高いと言われるマンションの購入で、後悔したくはないと考えている方は多いのではないでしょうか? この記事では、新築マンション購入のリスクや後悔することが多いポイントなどをご紹介します。 最後までお読みいただくことで、新築マンション購入で後悔 ...

    不動産エージェント

    不動産業者選び

    2024/6/3

    不動産エージェントと不動産仲介業者の違い

    ここ最近、住宅を探している方の中には、不動産エージェントという言葉を聞く機会が増えた方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、不動産エージェントとは何なのか?一般的な不動産仲介業者と何が違うのか? そんな疑問を持つ方も多いと思います。 そこで、今回は不動産エージェントとはいったいどんな役割を担う人物なのか、一般的な不動産仲介業者との違いや不動産エージェントに相談することをすすめる理由などをご紹介します。 この記事は動画でもご覧になれます。 → 動画で見る(Youtubeにジャンプします) 一般的な不動産仲 ...

    一人暮らし マンション購入

    マンション

    2024/5/30

    一人暮らしのマンション購入 よくある後悔と注意点を現役のプロが徹底解説

    「一人暮らしのマンション購入で後悔したくない!」 「マンション選びでは、どのような点に注意すればよいのか?」 都心部を中心に単身世帯のマンション購入は増えていますが、数千万円を掛けて購入するマンションで後悔したいとは思いませんよね? また、初めてのマンション購入であれば、何かと不安に思う点も多いでしょう。 実際、マンションを購入するには、数ある物件のなかから立地や住環境、広さや間取り、向きなどさまざまな条件を吟味し、取捨選択をしながら購入する物件を絞っていかなければなりません。 また、自分の収入に見合った ...

    PAGE TOP