一戸建て住宅購入に関する記事一覧

一戸建てを購入するうえで必ず知っておきたい知識をまとめてあります。

  • どんな物件を探すべきか?
  • 新築と中古だったらどちらが有利か?
  • 買ってはいけない一戸建て住宅とは?
  • 資産価値の高い一戸建て住宅の探し方
  • 購入するときに気を付けるポイントは?

などなど、一戸建て住宅の購入にあたって欠かせない知識などを、年間100組以上のコンサルティングを行う、業界歴10年以上の現役の不動産エージェントが監修しました。

実際に多くの顧客へ提供してきたノウハウや知識をお伝えしています。

一戸建て

リフォーム済み中古住宅・中古戸建ての注意点

中古住宅や中古戸建てを検討している人の中には、既にリフォームが完了している物件を検討している人がいるのではないでしょうか。リフォーム済みなので生活のイメージがしやすかったり、すぐに住むことができたりするメリットがある一方で、注意点も存在します。 そこで今回は、リフォーム済み中古住宅・中古戸建てのメリットをご紹介しながら、購入する場合の注意点についても解説していきます リフォーム済の中古住宅・中古戸建てとは? リフォーム済みの中古住宅・中古戸建てとは、前所有者から住宅・戸建てを不動産会社などが買い取り、リフ ...

中古住宅 ローン 控除

一戸建て 税制、その他制度

中古住宅・中古戸建で住宅ローン控除を受けるためのポイント

住宅ローンを利用して中古住宅・中古戸建の購入する場合、どうしても受けたいのが住宅ローン控除。こちらを読めば中古住宅・中古戸建でも安心して住宅ローン控除を受けるためのポイントがわかります。 新築だけではなくて中古住宅・中古戸建でも利用できるの? 中古住宅・中古戸建で住宅ローン控除をつかう時の条件って? 中古の場合何か注意しないといけない点はあるの? こういった疑問にこちらでお答えしていきます。 最大10年間にわたる控除は、総額数百万円。「絶対に逃したくない」、「是が非でも利用したい」と誰しも考えますよね。し ...

一戸建て

中古住宅・中古戸建ての築年数で気を付けること

 中古住宅・中古戸建ての内覧時や物件を購入する際、「この家は、あとどのぐらい持つのだろう」と考えたことはありませんか。新築と違って築年数がたっている中古住宅ほど気になるかもしれないですね。 その他にも中古住宅の築年数はあなたが考えているよりも、色んなところで関わってきます。 そこでこの記事では中古住宅の築年数で気を付けることを中心に解説しています。この記事を読むことで、なぜ築年数に気を付ける必要ああるのか、また築年数によってどんな対応をすればいいのかが分かるようになります。 関連記事「中古住宅・中古戸建 ...

リノベーション 物件 メリット

一戸建て マンション リフォーム・リノベーション

リノベーション済み物件のメリット・デメリットと注意点は?

昨今、中古市場の中でもあちこちで「リノベーション済み物件」を見かけるようになりました。 魅力としては新築同様にきれいな物件を中古価格で手に入れることができる点です。 中古物件を内覧している中で、リノベーション済み物件をみるとものすごくきれいで魅力的にうつります。 もちろんリノベーションがすでに済んでいることでメリットもありますが、デメリットとなる点もあります。しかも中には注意が必要なリノベーション済み物件もあります。 この記事で、リノベーション済み物件のメリット・デメリット、そして注意点を学んで後悔しない ...

一戸建て

中古住宅・中古戸建て購入時の注意点をプロが徹底解説!!

全体的な物件種別からいえばその割合はまだまだ小さいですが、中古住宅・中古戸建ての人気は近年じわじわと上昇しています。要因として「価格の安さ」や「良質な中古住宅・中古戸建ての増加」「好立地物件の豊富さ」などが考えられます。 そこでこの記事では、中古住宅・中古戸建てを購入する際の注意点について、プロの視点から徹底解説しています。ただ単に中古住宅・中古戸建ての注意点だけでなく、住宅購入そのもので失敗しないための注意点やポイントにも言及しています。これから住宅購入を検討している方で、一戸建て住宅をご検討の方はぜひ ...

耐震基準適合証明書

一戸建て マンション 税制、その他制度

耐震基準適合証明書ってどんな書類?注意点とポイントのまとめ

建物の耐震性や安全性を示す書類の中に「耐震基準適合証明書」があります。 名前だけを見ると耐震性についてのみ関係する書類と思うかもしれませんが、この証明書があるかどうかによって不動産購入時に受けられる減税や軽減措置が変わってきます。 特に中古不動産においては税制優遇措置の条件の一つとして耐震基準適合証明書の有無が問われることが多くみられます。 しかしすべての物件で耐震基準適合証明書が発行できるわけではありません。物件の条件や手続きのタイミングなど事前に確認しておくべきポイントがあります。 こちらでは押さえて ...

新築 諸 費用 いくら

一戸建て

新築分譲戸建にかかる諸費用にはどんなものがある?

マイホームを購入する前は、ご自分の収入や家計・今後のライフプランニングなどを基に、いくらくらいの家が買えるか予算を決めることがほとんどです。 それはとても大事なことですが、予算を考える時は物件価格だけでなく諸費用も含めることを忘れてはいけません。 今回は、新築分譲戸建てを購入する場合にかかる諸費用の項目と、目安の金額についてご紹介します。 忘れがちな住宅購入時の諸費用 マイホーム購入を考える時、ほとんどの方は物件価格を基準に決めると思います。 しかし不動産を買う時は物件価格以外にもさまざまな諸費用がかかる ...

市街化調整区域

一戸建て 土地探し・注文住宅 知識・マインド

市街化調整区域の土地や戸建は買っても大丈夫?

土地や戸建ての売り広告を見ていると、時々「この物件、土地や戸建ての広さが結構あるのに意外と安いな」と思う物件に出会うことがあります。 マイホームは人生で最大の買い物とはいえども、やはりできるだけ安く買いたいと思う方が大半で、そんな時に広くて安い家と出会うと心惹かれるでしょう。 しかし物件がその価格で売り出されているのには必ず理由があり、ただ安いからといって安易に買うと損をしてしまうかもしれません。 今回は土地や戸建てが安値で売り出されることが多い理由の一つ、市街化調整区域についてご紹介します。 物件を探し ...

新築住宅 欠陥

一戸建て

新築住宅でも実は欠陥だらけ?トラブルを避けるための注意点

マイホームを買うなら、まだ誰も住んだことがなく、家も設備も全てがピカピカの新築住宅がいいと考える方もいるでしょう。 また新築住宅は、中古住宅と比べて新しい分、欠陥などなく安心だと考える方もいるかもしれません。 しかし新築住宅でも欠陥が発覚するケースはあり、家を買ってからトラブルに見舞われる方もいるのです。 なぜ新築住宅でも欠陥が発生するのか、購入後にトラブルとならないためにできることは何でしょうか? この記事では、その理由や対策について解説します。   新築住宅でも欠陥が発生する理由 新築住宅で ...

狭小地 戸建

一戸建て

狭小地の戸建ては本当に買っても大丈夫?プロから見た注意点を教えます

戸建てといえば広い土地に建つ家とイメージされる方もいるかもしれませんが、近年は狭い土地、いわゆる狭小地に建つ戸建ても増えてきました。 一見すると特に問題がないように思える物件かと思いますが、狭小地の戸建ての購入を検討する際はメリット・デメリットをしっかり考えないと、買ってから後悔する可能性があります。 そこでこの記事では、狭小地の戸建てについてのメリット・デメリットをご紹介します。   狭小地とは何坪くらいの土地か? 狭小地の戸建てのメリット・デメリットについて話す前に、まずは狭小地のことについ ...

Copyright© ハウスクローバーの不動産エージェントと一緒に家を探そう|HOUSECLOUVER(ハウスクローバー) , 2022 All Rights Reserved.