知識・マインド

これからの住宅購入のトレンド、リセールバリューって何?


新築絶対主義の時代は現在変わりつつあります。少子高齢化やライフスタイルの変化も大きく、今までとは違った住まい探しをする時代に入ってきています。

それにともなって今「リセールバリュー」を意識して住宅を購入する方が増えています。

ただ、そもそもリセールバリューという言葉を、あまり聞いたことのない言葉かもしれません。

そこでこの記事では「リセールバリューとは何か」、そして「リセールバリューへの意識がなぜ今必要なのか」をわかりやすく説明します。

リセールバリューを意識して、理想の住まいと一緒に将来の豊かさも手に入れましょう。

リセールバリューってどんな意味?

リセールバリュー

リセールバリューとは直訳すると「再販価値」のことです。

つまり将来もし売った場合の価格を、購入時に考えることです。

売却する時に購入時の価格を考えるのは普通だと思いますが、リセールバリューはその逆。購入する時に、先に将来の売却時の価格を考えた住まい選びをすることです。

ではなぜこのリセールバリューを意識することが重要なのでしょうか。

 

住宅購入におけるリセールバリューの必要性

「今から住むのに、もう売るときを考えるの?」「ずっと住み続けるから売らないよ。」

住まい探しの時にリセールバリューのお話をすると、このように考える方も多くいると思います。

しかしライフスタイルが変化している現在、このリセールバリューを意識しておくことが非常に大切なんです。

そこには数々のメリットがあり、あなたの暮らしを豊かにしてくれます。

それではどのようなメリットがあるのかみていきましょう。

 

リセールバリューがもたらすメリット

リセールバリューを考えることがもたらすメリットはこの3つになります。

  • 生涯の住宅支出が安く抑えられる
  • 個人のバランスシートがマイナスになりにくい
  • もし万が一のことがあっても、売れば終わりにできる

一つずつ解説していきます。

生涯の住宅支出が安く抑えられる

生涯にかかる支出には生活費や子供の教育費、老後の費用や保険・税金の費用など様々なカテゴリーがあります。総額で考えると約2億~3億ぐらいといわれています。

中でも住宅支出は平均で4000万円~5000万円前後。ではリセールバリューが低いとどうなるでしょうか。

例えば2500万円の中古マンションを買ったAさんとBさんという二組の家族がいるとします。Aさんはリセールバリューを意識して購入したため20年後1500万円で売却することができました。一方Bさんは全く考えずに買っていたため、売却しても500万円にしかなりませんでした。

こうなってしまうと、将来的に大きな差がひらいてしまいます。Aさんは売却資金で老後の生活を豊かに暮らせましたが、一方のBさんは苦しい生活を強いられることに。

Aさんはリセールバリューを意識した物件選びのおかげで生涯の住宅支出を抑えることができ、結果的に豊かな暮らしを実現することができました。

リセールバリューを意識することで住宅支出を抑えて、将来的な暮らしの豊かさを得ることができるようになります。

さらに言えば、買った時と売った時の差が小さい物件であればあるほど、あなたの人生における住宅支出は少なくなるため、その分暮らしの豊かさにつながります

個人のバランスシートがマイナスになりにくい

個人のバランスシートとは資産と負債、そして純資産でできています。

このバランスシートがなぜ大事かというと、お金を何につかっているかが一目でわかるからです。つまり現在の資産と負債を把握することで将来にわたる資金計画をたてることができるようになります。

ここでいう資産とは預貯金や現金、不動産などのこと。負債は住宅ローンや借入金、車のローンなどになります。

イメージとしては下記のような図表です。

資産

・預貯金

・現金

・不動産

・車

負債

・住宅ローン

・マイカーローン

純資産

ここでリセールバリューが低い物件だと左側の資産が小さくなり、反対に右側の負債の割合が大きくなります。

資産

・現金

・預貯金

・不動産

・車

負債

・住宅ローン

・マイカーローン

債務超過

資産の合計よりも負債の方が大きくなっているケースですね。

こうなると今手元にある資産を手放すことになって全部現金にしても、負債を消すことができない状態です。将来への不安を抱えたまま生活することになってしまいますね。

しかしリセールバリューのある不動産を購入すれば、売った時との価格差が小さくなります。したがって資産と負債の差が非常に少なくなるということになります。

将来的な資産を考えても、安心して暮らしていくことができますね。

もし万が一のことがあっても、売れば終わりにできる

こんなことを考えるのは嫌かもしれませんが、もし旦那さんに万が一のことがあった場合。

通常の住宅ローンなら団体信用生命保険がおり、住宅ローンが全て返済されます。しかしフラット35を利用する場合は加入が必須ではありません。もし加入していない場合は債務者がたとえ亡くなったとしても住宅ローンを返済し続けなければならないんです。

その他にもライフプランニングをしっかりシミュレーションしていても、不測の事態が起こる可能性もゼロではありません。

そういった場合、リセールバリューがあれば物件を売って住宅ローンを返済できます

ですがもしリセールバリューがない物件だと、物件を売っても住宅ローンが残ってしまいます。収入もない、家もないのに返しきれなかった住宅ローンは返済し続けなければなりません。

また、急な転勤などで遠くに引っ越すことになった場合。住宅ローンを2つ組むことはできないので、現在の住宅ローンを完済することになります。

しかしリセールバリューがない物件だと自宅を売っても住宅ローンを完済できず、手出し資金で補うことになります。また、完済しない場合は新居の賃貸と既存の住宅ローンの「二重苦」に陥ってしまいます。

確率としては低いかもしれませんが、何が起こるかはわかりません。もしもの時に備えておくことで、現在の安心、そして将来の豊かさを得ることができます。

 

リセールバリューにはプロの視点も欠かせない

リセールバリュー

リセールバリューの大事さはわかったけど、どう見分ければいいのか。

リセールバリューを見分けるには物件の「資産価値」をよく理解することが必要です。

たとえば中古マンションであれば「立地」がとても資産価値に影響してきます。他にも管理組合の財務状況もこれからは影響が出てきます。

また中古戸建であれば立地に加えて「建物の状態」等も重要な要素となってきます。

このように資産価値の要素は様々。一般の方だと本当に価値ある物件かどうかを見分けるのは難しいこともあります。

そこで不動産のプロの目を活用することが一番の近道です。知識と経験豊富な不動産エージェントであれば本当に「リセールバリューのある」物件を見つけてくれます。

まずはそういったプロの目を意識して、あなたにあった不動産エージェントを探してみてはいかがでしょうか。

参考になったら「いいね」をお願いします。

住宅購入者向けのオンラインセミナー

住宅購入セミナー

お気に入りの不動産エージェントを探そう

-知識・マインド

Copyright© ハウスクローバーの不動産エージェントと一緒に家を探そう|HOUSECLOUVER(ハウスクローバー) , 2020 All Rights Reserved.