マーケットニュース

日銀、金融政策決定会合で国債の購入減額方針 日銀の慎重姿勢は継続

住宅購入で絶対に失敗したくない方へ

「こんなサービスが欲しかった!」の声が続々!住宅購入で失敗しないためのサービスがひとつに。

  • 無理なく支払っていける予算が分かる
  • 全国の優良な担当者(不動産エージェント)が探せる
  • 物件検索を自動化させて、希望の物件を見逃さない

日銀は14日の金融政策決定会合で、現在行っている毎月6兆円規模の国債の購入を減額する方針を決めたとのことです。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6504300
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6504300

news.yahoo.co.jp

毎月の国債購入とは、日銀が長期金利の高騰を抑えるために行っていたオペレーションです。

もともと、イールドカーブコントロール(YCC)と呼ばれていたものですが、マイナス金融緩和を解除した際に撤廃されました。

ただ形式上は廃止されても、実質的には同じようなオペレーションが続いておりました。

この国債購入を減らすことは、金融緩和の手綱を緩めるということです。

このニュースだけを見れば順当に、金融緩和を徐々に緩めていっているとみて取れますが、実際の世界の反応は逆です。

短期金利も早ければ今年の7月にも上がると予想されましたが、今回のニュースでは日銀の慎重姿勢がより鮮明になった印象が強く、もう少し先となりそうだと見ています。

その証拠にドル円も円安に動いています。

長期金利(固定金利)は緩やかに上昇すると見られ、短期金利はもうしばらくは現状維持が続きそうです。

PR
【住宅ローン】借り入れ一括比較で提案 | モゲチェック
【住宅ローン】借り入れ一括比較で提案 | モゲチェック

主要銀行を一括比較して、あなたに本当におすすめの銀行を表示!無料・5分・その場でわかる。かんたんで新しい住宅ローン選び。

s.mogecheck.jp

この記事が気に入ったら
「いいねボタン」をクリックお願いします!

このような記事を欠かさずチェックしたい方は↓

公式LINE@に友だち登録すると

・最新の相場情報(毎月)

・相場や金利のニュースと解説

・不動産売買のお役立ち情報

さらに今なら、プロが調査に使うサイト一覧をプレゼント中!

友だち登録をする

お役立ち記事一覧

-マーケットニュース

PAGE TOP