マンション

温泉付きマンションの気になるメリット・デメリット


日頃の疲れを癒し、体も心もリフレッシュできる温泉。

そんな温泉が自宅にあって、毎日入れたらいいなと思ったことはありませんか?

リゾートホテルや温泉旅館でも営んでいない限り無理そうな話ですが、実はそんな夢を叶えてくれる「温泉付きマンション」なる物件が存在するのです。

この記事では、温泉付きマンションの特徴と、メリット・デメリットについてご紹介します。

 

数は多くないものの、全国に点在する温泉付きマンション

温泉 付き マンション

温泉付きマンションは、一般的なマンションやタワーマンションと比べると特殊な設備が付いているため、物件数はそんなに多くありません。

しかしインターネットで検索してみると、意外と全国的に点在していることが分かります。

物件のタイプも、元はリゾートホテルだった建物をマンションにしたような物件からタワーマンションタイプまで、実にさまざまです。

 

リゾート地にも温泉付きマンションはある

温泉 付き マンション

日本には全国各地に名湯があり、地域によっては温泉付きマンションもあります。

たとえば群馬県なら草津温泉や水上温泉などが有名ですが、その地域に温泉付きマンションの物件情報が出ています。

また静岡県なら熱海温泉が有名で、やはり近隣に温泉付きマンションがあります。

他にも栃木県の那須塩原エリア、神奈川県の箱根エリア、大分県の別府・由布院エリアなど、人気の温泉リゾートがある街では温泉付きマンションが販売されています。

将来は温泉リゾート地で暮らしたいと考える方は、どんな物件があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

室内タイプと大浴場タイプがある

温泉 付き マンション

温泉付きマンションに付いている温泉は、室内タイプと大浴場タイプの2つに分かれます。

室内タイプは専有部分のバスルームに温泉が引かれていて、露天付きの温泉旅館の個室感覚で入れます。

中にはバスルームの窓が大きく切り取られたマンションもあり、温泉に浸かりながら窓を開けて開放的なバスタイムを楽しむこともできます。

人に会わず一人でゆっくり温泉を楽しみたい方には、室内タイプの温泉付きマンションが合うかもしれません。

一方で大浴場タイプはマンションの1階や地下に大浴場が造られていて、他の住人と共同で利用できる温泉です。

温泉付きマンションの場合、だいたいはこの大浴場タイプを採用している物件が多いようです。

複数名が同時に入れるくらい大きなお風呂が付いているので、室内タイプよりゆったりした空間で癒されるでしょう。

 

温泉付きマンションのメリット

温泉 付き マンション

続いては、温泉付きマンションのメリットについてご紹介します。

気持ちよさ

温泉付きマンションの最大のメリットは、何といっても気持ちよさでしょう。

温泉は体をあたためてくれるだけでなく、血行を良くして体内に溜まった老廃物の排泄を促したり、水圧で体に適度な負荷を与えたり浮力で筋肉が緩んでリラックスしたりと、物理的にも体に良いことが立証されています。

また温泉には、自律神経や冷え症・皮膚トラブルなどに効く成分が含まれていることが多いですが、それらが皮膚から体内に吸収されることで体の調子が回復する化学的効果もあります。

他にも温泉は、高い水温で体の芯からあたためてくれるため、普通のお風呂よりあまり湯冷めしません。

そして何より、体にいい成分が溶け込んだあたたかい温泉に浸かることで心身ともにリラックスできるため、ストレス解消に最適です。

物理的・化学的・精神的にもいいことづくしの温泉付きマンションなら、その気持ち良さを毎日味わえます。

給湯の電気代が節約になることも

オール電化タイプのマンションのお風呂は、電気でお湯を沸かさないとあたたかい湯に浸かれません。

また一度冷めたお湯を再びあたため直す時も電気が必要で、つい電気代が高くなってしまい頭を悩ませているご家庭も多いでしょう。

オール電化の場合、湯沸かしには電気温水器を使用します。

電気温水器は電気代が安い夜間のうちにお湯を沸かして溜めておき、それを日中に使うのが一般的です。

しかし、電気代が安くなる前の時間帯に溜めていた分を使い切ってしまうと、再びお湯を沸かさなければいけません。

そして家庭の中で最もお湯を使うのはお風呂で、家族の人数が多いほどお湯の使用量も増えます。

日中の湯沸かしの量が増えるほど消費する電力も増えるため、結果として電気代も高くなってしまうのです。

しかし温泉付きマンションなら、給湯はシャワーのみに使って浴槽には蛇口から直接温泉を流して溜めるため、給湯用の電気代はシャワー分のみです。

いつでもあたたかいお湯に浸かれて、さらに給湯用の電気代まで節約しやすい温泉付きマンションは、電気代に悩む家庭に嬉しい物件かもしれません。

 

温泉付きマンションのデメリット

温泉 付き マンション

心身の健康に良く、意外にも給湯の電気代を節約しやすいメリットがある温泉付きマンションですが、一方でこんなデメリットもあります。

メンテナンス費用がかかる

温泉は普通のお湯と違うため、水の中にさまざまな成分が溶けています。

そのため配水管や浴槽などの設備が傷みやすく、メンテナンス費用がかかりやすい点がデメリットです。

一般的に浴槽はだいたい15~20年くらいが寿命といわれますが、温泉を利用する場合はそれより寿命が短くなって故障するケースもあるようです。

しかも浴槽には檜・ステンレス・ホーローなどいろいろな種類の材質がありますが、温泉の泉質によっては材質が合わず、交換費用が高くつく可能性も否めません。

また温泉を地下から汲み上げて引いている場合、汲み上げ用のポンプが故障してしまうと修理代が高額になるので要注意です。

浴槽やポンプなどの設備が故障すると、直るまでは自宅でお風呂に入れないため、近くの銭湯やスパの利用代がかかることも忘れないでください。

ランニングコストがかかる

温泉付きマンションは、メンテナンス費用だけでなくランニングコストがかかりやすい点もデメリットです。

一般的なマンションにはない温泉を引いている分、専用設備を維持するための費用はどうしても高くなり、その負担を重く感じる方もいます。

また地域によっては、家に温泉を引きたい方で組織する組合へ加入し、設備の維持費や故障した時に備えるメンテナンス費用を積み立てるための月額料金を支払うケースもあります。

故障することが多いと、その分月額料金も値上げされてしまうでしょう。

そして月額以外にも、数年に一度の頻度で更新料の支払いが必要なこともあるようです。

ランニングコストは、温泉付きマンションを所有する限りずっと支払わなければならないものなので、年間でどのくらいかかるのか・費用対効果は見込めるのかしっかり検討した方がいいでしょう。

温泉が枯れることも

温泉付きマンションの購入を検討中の方が意外と気づきにくいデメリットが、「温泉が枯れることもある」ということではないでしょうか。

温泉は自然が生み出すものである以上、永遠に湧出せずいつか枯渇してしまう可能性があります。

せっかくいつでも温泉に入れる暮らしを夢見てマンションを購入したのに、目当ての温泉が枯れてしまえば意味がありません。

また枯渇とまではいかなくても、温泉の汲み上げすぎによって湧出量が減る可能性もあります。

他にも、泉質の変化や温度の低下などのトラブルが発生するケースもあり、温泉付きといっても永久的に安定した供給が保証されているわけではないことを覚えておきましょう。

 

憧れはあるが、自宅でなくてもいいかも?

温泉 付き マンション

毎日クタクタの体を癒すために入るお風呂の時間はとても大切で、家を買う時はお風呂にこだわりたいという方もいるでしょう。

遠出をしなくても自宅でいつでも好きな時に温泉に入れる生活は、そんな方にとって夢のような生活で憧れる気持ちも分かります。

有名な温泉地の入浴剤を入れたお風呂と本物の温泉を使ったお風呂では、心身への影響がかなり違って至福のひと時を味わえるでしょう。

しかし、特殊な設備を必要で維持管理に高額の費用がかかることや温泉自体が永遠に利用できない可能性もあることを考慮すると、やはり温泉付きの暮らしは見直した方が無難かもしれません。

温泉付きのマンションの購入を検討中の方は、不動産エージェントにも相談しながらメリット・デメリットをよく考えてみることをおすすめします。

参考になったら「いいね!」をお願いします!

住宅購入者向けのオンラインセミナー

住宅購入セミナー

お気に入りの不動産エージェントを探そう

-マンション

Copyright© ハウスクローバーの不動産エージェントと一緒に家を探そう|HOUSECLOUVER(ハウスクローバー) , 2020 All Rights Reserved.